北海道旅行~服装~

北海道旅行~服装~

 

北海道の気候は変動が激しいのが特徴です。

 

広い道内ですから、南と北の温度差はかなり違うと思っていてください。

 

また平均気温も年間を通し、とても低くなります。

 

たとえば札幌市を見てみると、8月のある1日の中で、最低気温と最高気温の差が10度以上あるということはよくあることです。

 

つまり、1日の中で蒸し暑い時間帯と、肌寒い時間帯があるということです。

 

地元の人は朝は暖かいと感じますが、道外から来られる方には肌寒いと感じるかもしれません。

 

ですから、夏や秋に北海道に旅行に来るなら、15度くらいの気温差に対応できるようにしましょう。

 

たとえば8月であれば、最高気温は30度、最低気温は15度と思っておくといいでしょう。

 

冬の場合は防寒が必要です。

 

しっかり防寒しているから大丈夫とタカをくくらないことです。

 

マフラー、帽子、コート、防寒服にインナー、靴、耳かけなど、防寒対策は万全にしておきたいものです。

 

また雨具も必要です。

 

天気予報が100%晴れと言っても、突然雨に降られることもあります。

 

特に山の中や近くでは天気も変わりやすいのです。

 

また北海道はひとたび街中を外れると、交通量が少なく、信号も少なくなります。

 

そのため移動距離が長くなり、色々な市町村を通過していくことがあります。

 

そのため天気も突然雨にあたるということもあるのです。

 

同じ市町村内でも、北は雨、南は晴れということもあるのです。

 

北海道の天気予報は、情報技術が進歩しても外れやすくなります。

 

ですから天気予報というよりは、天気占いの感覚のほうがいいでしょう。

TOPへ